2011年07月21日

矯正し過ぎの腰痛。

30歳台・男性
施術回数:4回
施術期間:4週

15年間カイロに通うが腰痛が治らない。この4〜5年はひどくなる一方で仕事にも支障が出始めた。

当院に来られる前に長年カイロプラクティックを受けてきた。
毎回ボリボリと矯正されるが一向に治らない。

1回目
骨盤の中央の仙骨を矯正するがバリバリと派手な矯正音がする。
ちょっと動きすぎかなとは思ったが経過を見ることにしました。

2回目
相変わらず痛く歩いていてもズキっと急に痛くなる。
前回同様仙骨を矯正するが今回も動きすぎるぐらい。

少しハイパー(可動性亢進と言って可動が良すぎること)かなと思ったので矯正後にテーピングをしました。

3回目
あまり変化がない、少しマシな程度。
カイロに行っていたことは聞いていたが、この日初めて1ヶ月に何回も通い続けていたことを聞いた。(男の人はあまり喋らないので・・初めにもっと聞けばよかったのですが)

で、やっぱり完全にハイパー。

この日は腰椎5番だけを正確に動かすため指先で矯正。
(ハイパーでなければ仙骨と腰椎(腰の骨)を同時に動かすことはアリです)

パチンと小さな矯正音。
そして腰椎がグラグラなのでその上を探ると背中の骨の一番下、胸椎12番と腰椎1番が動いていない(グラついた部分を補うように硬く動きにくい関節が現れる)
これを矯正でこの日は終了。

4回目
ウソのように痛みが消えた、少しだるいだけ。
この日は腰部の矯正はせず胸椎(背中の骨)と頚椎(首の骨)を調整。
そして大腰筋を緩めて終了。


◎普通は手のひらで矯正をしますが細かな操作は指先で矯正。
カイロプラクティックの矯正はとても大胆で繊細です。
20110721faj.jpg


【追伸】
カイロプラクティックは動きを失った骨に正常な動きを付けるのが基本ですが、ときどき動きを付け過ぎて痛むこともあります。
正確な検査と過去にどんな治療を受けたかの問診は欠かせません。


posted by koudou at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛

2011年07月13日

20年間の腰痛が治った。

40歳台・女性(主婦)
施術回数:10回
施術期間16週

20歳の頃から腰痛があり最近では食事の後片付けをしていると最後は流し台に手や肘をついて体を支えないと耐えられない。
でも次の日には普通に過ごせるので気にはならない。
夕方になるとまた痛むの繰り返し。
年齢的にこれが普通だと思っていた。

全体に検査しても特に悪いところはないが全体にバランスが崩れている。
骨盤、胸椎(背中の骨)の下部。
頚椎(首の骨)の下部と上部。

これらの部分は(図の黄色のマル印)移行部と言って頭蓋骨から首の骨。
首の骨から背中の骨。
背中の骨から腰の骨。
腰の骨から骨盤と移行する部分。

ikoubu.gif

これらの移行部は物理的なストレスがかかりやすい部分。

全体にバランスが崩れている人はここを徹底的に調整すると非常にいい結果がでます。
この部分の関節の調整と同時に筋肉の調整も毎回行った。

1〜5回目までは1週間ほどで痛みが再発したがそれ以降はだんだんと長持ちするようになった。
10回目の頃は掃除、洗い物、洗濯と続けて行っても痛みはまったくなくなった。



【追伸】
カイロプラクティックは即効性があり1〜2回でなおってしまうと考えすぐに諦める方が時々おられます。
20年間の腰痛が10回で治れば相当早いと私は思います。

この方「20年間、損した気分だ」と笑っていました。


posted by koudou at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛