2007年12月01日

お尻(臀部)が痛い。

過去の症例。29歳男性・会社員

椎間板ヘルニアのレーザー手術を2回行い一ヶ月程入院。
退院後も臀部の痛みが取れず腰も痛い。

●主要症状
手術前の脚全体の強い痛みは無いが臀部だけはかなりの痛みが出る。特に腹筋運動で起き上がるときに強い痛みが出る。



●1回目
うつ伏せで腹部にクッションを入れ腰椎5番と仙骨(骨盤)部分の間隔を微力で調整後、胸椎と後頭骨(頭蓋骨の後の部分)の歪みを矯正。


●2回目・前回より一週間後。 臀部に軽い痛みが残るが腹筋運動での痛みは無くなった。

神経の圧迫による痛みが出ない事をテストで確認後、腰椎5番を矯正。背中にかなりの捩れが残ったままなので胸椎を矯正。
その後、腰椎5番の矯正を中心に週二回のペースで一ヶ月施術を継続。


●しばらく、絶好調だったが仕事が忙しくなり臀部の痛みが再発。

この時は腰椎は全く触らず、胸椎と後頭骨(頭蓋骨の後の部分)を矯正。次の日から痛みは消えたと連絡をもらう。
以降2ヶ月間、2週間に1回のペースで仙骨(骨盤)を中心に矯正。

初回施術より半年経過。その痛みや痺れは無く現在も激しいウエイト・トレーニングをまったく痛みはない。


おしりの痛みは比較的早く取れましたが、2回も手術した腰なので慎重に月1〜2回程度で半年ほど通院してもらいました。

もともと相当、筋トレをやりこんでいる方なので、良い結果が早くでたようです。



〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓

590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
◆TEL:072-453-5174
◆ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
◆ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
posted by koudou at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7431558

この記事へのトラックバック