2007年12月02日

腕から肘まで痺れる。

50才男性・自営業

肩(三角筋)の部分から肘にかけて痺れる。調子の悪い時は親指まで痺れる時があると言う事で来院されました。

きっかけは思い当たらない。

1年ほど前から病院での検査で頚椎症と告げられ、湿布、牽引、マッサージを受けるが回復の兆しがなく段々と悪化している。


●1回目

カイロプラクティックの基本的な検査をしました。
座った状態で左右に首を(回す、傾ける、上を向く、下を向く)などの検査。
首をかる〜く引っ張る、上から頭を押さえて圧迫する。

どの検査でも腕にシビレが出る。


・・・・これは、手強いかも・・・・。


この日は頚椎の調整は最後にすることにして、まずは大きく傾いた骨盤中央の仙骨を矯正。


ポリっと矯正すると「お〜気持ちいいですね〜」


次に胸椎(背中の骨)をボキっと・・・「はぁ〜・・・なんか呼吸が楽になったようです」


ここでもう一度、同じように座って首をアッチコッチに動かして腕が痺れるか検査。

「あれ・・・気のせいかなぁ、あまり痺れませんね〜」

今日は頚椎の調整は必要ないと感じたので次回に。

●2回目(初回より1週間後)

かなり、痺れはマシになったとのこと。

この日は頭蓋骨と頚椎の一番上の部分の間を調整(ポキって鳴る矯正ではありません)それと、肩の関節の動きを良くして終了。

●3回目(初回より2週間後)

にこにこしながら来院され「治りました、もう大丈夫みたいです」

「大丈夫じゃないよ。頚椎の調整、まで1回もしてませんよ」

「はぁ、そうなんですか。」

って事で頚椎の調整。

座ったままで頚椎の調整を首の前からする方法があるんですが、これはナニをされているのか分からないほどソフトなカイロプラクティックのテクニック。

終わった後「頚椎の調整は?」って言われました。
そのぐらいソフト。

この日はこのソフトテクニックと全身の筋肉の緩和操作で終了。

その後3〜4週ごとに通われています。現在も良好。




〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
◆TEL:072-453-5174
幸道整体カイロプラクティック 
腰痛整体院・幸道整体 
posted by koudou at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7471621

この記事へのトラックバック