2012年11月07日

一ヶ月以上治らない強い腰痛。


20歳台・女性
施術回数:1回
施術期間:1週間

来院される一か月半前から腰痛。
腰と両方のお尻の部分と太もも裏の痛みがとれない。
寝ているとき以外は一日中、立っていても座っていても痛む。
特に臀部(お尻)が痛い。

鍼灸院では全く治らず、先生は「婦人科に行って検査して下さい」と。
婦人科ではまったく異常がなかった。



1回目

検査の結果、骨盤の中央の仙骨が全体に右に傾き、なおかつ左側が下がっていた。
痛みが強いので検査の後は骨盤(仙骨)を矯正して大腰筋を腹部から緩めただけで終了。

問診の後の施術は時間にして5分ほどでした。

施術後。

「まだ、痛みますが・・」
「すぐには取れないよ、明後日ぐらいから変化があると思います」

「・・・・こんな事、言ったらアレですけど、こんな短い時間で治るんですか・・痛みが」



2回目(一週間後)

「ほとんど、痛みがありません(^^♪」
「でしょ(笑)」

「すごい!」

この日は筋力検査をしながら施術、背中の骨も首の骨も腰痛と坐骨神経痛に関係があるのが分かったので全て矯正。
今後、再発防止と健康管理のための定期的施術へ移行予定。

「すごい!」と言って頂いたのは嬉しかったですね。
先生が凄いと言うよりはカイロプラクティックって凄いと僕には聞こえました。
カイロプラクティックをやっていて本当に良かったと思う一瞬です。


骨盤の矯正はこんな感じです(矯正に伴う痛みはありません)
spadj.JPG

追伸
当院ではキツイ痛みのある場合の施術時間は比較的短くしています。
何回も体勢を替えたり長時間揉んだりしても悪化するだけです。






syourei-blog.gif
posted by koudou at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2012年02月17日

ふくらはぎの痺れ

40歳台・男性
施術回数:2回
施術期間:1週間

2〜3年前からデスクワークを1時間続けると両方のふくらはぎとふくらはぎの横の部分が冷えだし痺れるように痛む。
鍼灸などにも行ってみたがあまり変化はなかった。


1回目
股関節の上の部分の筋肉の張りが強くそこを強く押すとふくらはぎの横の部分に痛が出る。
この部分を緩めてから殿筋(お尻の筋肉)を緩めた。

その後両方の骨盤を矯正(仙腸関節)

2回目(1週間後)
この1週間まったく痛みはなかった。
この日は全体をチェックした骨盤、胸椎(背中)、頚椎(首)を矯正で終了。

その後は1〜2ヶ月に1回程度の通院中、再発なし。






追伸
トリガーポイントと言うのがあって筋肉の中に固い粒のような物ができます。
これは疲労や加齢により誰でも出来ますが、その固い部分に痛みが出るのではなく離れた部分に痛みを出すことがよくあります。
今回の場合もふくらはぎ周辺の痺れや痛みは股関節部分と臀部の筋肉のために出ていたものでした。
このトリガーポイントの治療のあと骨盤や腰の骨を矯正するとトリガーの再発生をかなり抑えることが出来ます。




泉南郡熊取町五門東3-33-36・幸道整体カイロプラクティック
月〜土:午前9時〜午後8時
定休日:日曜日

幸道整体ホームページ 
重里幸道twitter 
重里幸道facebook
☆TEL072-453-5174




posted by koudou at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2011年11月14日

太ももの裏がだるくて疲労感が強い。

50歳台・女性
施術回数:6回
施術期間:1ヶ月

2年前から夕方になると太ももの裏側が重たくなりすごく疲れる。
病院では坐骨神経痛と診断され2年間リハビリに通っているが変化なし。

1回目
2年間のリハビリはマッサージが中心だったが変化がなかった
ので太ももの筋肉の奥のほうを触診するとトリガー(筋肉が固くなった部分)
が何箇所もあった。このトリガーポイントを丁寧に処置した。

その後、骨盤と腰椎(腰の骨)の5番を矯正。

2回目
前回後、今までになった変化を感じる。
疲れるが疲労感が何か違うとのこと。

この日は前回同様に骨盤と腰椎の矯正。
その後、胸椎(背中の骨)を矯正しました。
坐骨神経痛や脚のだるさは胸椎も関係しています。

3回目
だるさは少なくなってきた。
立った姿勢で前屈をすると太ももの裏が痛むとのこと。
また立った状態で顔を下に向けると太ももがひっぱられる感じがする。

骨盤を両側から押えた状態で再度、前屈をするとほとんど痛みがない。
これは骨盤がまだ安定していない証拠です。

矯正後、腰にテーピングそしてからもう一度前屈するとまったく痛くなくなりました。

また立った状態で顔を下に向けると太ももがひっぱられる感じについては
後頭骨(後頭部の関節部分)を矯正するとその場で症状は消えました。

4回〜6回目
かなりいい状態が続いているとのこと。
太もも、後頭部のトリガーの調整。
骨盤と胸椎の調整を継続。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トリガー(筋肉の固くなった部分)は見つけにくく通常のマッサージの方法では
取れません。正確に見つけ出し正しく施術すれば驚くほどこ効果があります。
でもそれだけでは戻りやすので関節の矯正を加えれば戻りにくくなります。


泉南郡熊取町五門東3-33-36
幸道整体カイロプラクティックTEL:072-453-5174

HP:http://www.eonet.ne.jp/~koudou/


posted by koudou at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2011年01月17日

スベリ症で5分も歩けない。


・年齢:72歳
・性別:女性
・施術回数:9回
・施術期間:3ヶ月

お尻と太もも、ふくらはぎがシビレる。5分ほど歩くと一度しゃがんで休憩しないと再び歩くことが出来ない。
病院では腰の骨の4番と5番のスベリ症と診断され点滴と薬をもらっているが治らない。

1回目
SOTブロックを使用。
うつ伏せでこの楔形のブロックの上に骨盤部分をあてて15分程寝ます。
体重で調整する方法です。
sotblock.jpg

2回目
少し楽になったが、まだ5分ぐらいしか歩けない。
この日もSOTブロックを使用した後、座った姿勢で背中をアジャスト(矯正)。
年配の方には座った姿勢からの背中の矯正が安全。
brsaj.jpg

3〜5回目
同様の施術を行う

6回目
10〜15分歩けるようになった。
この日は大腰筋(腹筋の下側にある筋肉)と腸骨筋(骨盤の内側の筋肉)を充分に緩めてから仙骨をアジャスト。

7回目
30分歩けるようになった。
この日も前回同様の施術。

8回目
もう1時間以上歩いても平気になった。
前回同様の施術。

9回目以降。
痛みもシビレもまったく無いし、いくら歩いても何時間バスに乗っても大丈夫になった。
現在月1回の施術を継続中。


◎カイロプラクティックは年齢に関係なく出来る安全な療法です。
また、アジャスト(矯正)が中心ですが他にも筋肉だけの調整や体重を使ってソフトに行う方法などたくさんありあます。



☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト ツイッター
posted by koudou at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2010年11月10日

分離スベリ症でふくらはぎが痛い。


・年齢:40歳
・性別:男性・自営業
・施術回数:3回
・施術期間:10日

・一年半前から膝の裏側とふくらはぎ外側の強い痛みがあり病院で検査してもらうと腰椎分離スベリ症と診断された。
痛み止めとブロック注射を10回したが痛みは、しだいに強くなってきている。


1回目
色々な検査をするが腰椎のスベリ症が直接、ふくらはぎの痛みに関係あるとは思えない。
仙骨を調整して筋肉の調整はこの日はしなかった。

2回目・前回より3日後。
痛みは半減した。
この日は前回同様仙骨を調整後。胸椎の中央部(丁度肩甲骨の真ん中あたり)を調整した。
この胸椎の動きが制限されているだけでも坐骨神経痛が出るのはカイロプラクティックでは当たり前の考え。

3回目・前回より4日後。
ほとんど痛みはなくなった。
立ち仕事なので夕方になるとふくらはぎは大丈夫だが膝の裏が少し痛む。
この日は骨格の調整はせずにトリガーポイントを調整した。
膝の裏と股関節の少し上のトリガーを調整。

その後は健康管理で時々通院。
再発なし。


【画像の診断結果が患部の痛みと関係ない場合の方が多い。ヘルニアでも分離スベリ症でもカイロプラクティックでそこを直接触ることは殆どありません。また痛みが完全に取れた後、レントゲンなどで検査しても痛みのあった頃と痛みが消えた後の画像は何ら変化がないことの方が多いものです。これは画像診断が100%ではないと言ういい証拠だと思います】




☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト ツイッター
posted by koudou at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2009年12月04日

腰が原因ではない坐骨神経痛。

・年齢:40歳
・性別:男性・会社員
・施術回数:7回
・施術期間:1ヶ月

・臀部から太ももの裏、ふくらはぎ、足首、アキレス腱の痛み。
痛みは以前からあったが、この1ヶ月はひどく、とくにふくらはぎは軽く触っただけでも痛い。
病院では原因が特定できず坐骨神経痛と告げられ処置はなし。


1回目
坐骨神経痛ということで検査をするが結果は陰性。
けど太ももから、ふくらはぎにかけての痛みはかなりきつい。
触れるだけでも飛び上がるほどの痛みが出る。

腰の痛みはない。
これは足かなと思い診ると足底部のアーチはほとんどなく、いわゆる偏平足で踵部分が外を向く外反足。
この日は骨盤の歪みを矯正して太ももとふくらはぎの筋肉を軽くストレッチ。
最後に外反足の原因になっている弱化した筋肉のトレーニング方法を伝えた。

2回目
痛みの差が大きく座っていると痛みは全くない。立ち上がると痛みがでる。また、ゴルフをした翌日は痛みがましになる。

座っていると痛みはなく立ち上がって痛くなるということは膝に問題があるのでは。

ゴルフの翌日は楽ということは歩いたり坂を昇ったりすることでふくらはぎが伸ばされ楽になるでは。

以上ふたつから膝の調整とふともも裏、ふくらはぎのトリガーの調整が必要と判断して施術を行った。

骨盤の矯正と猫背ぎみの背中を中心に矯正(背骨の中央の部分のゆがみで坐骨神経痛が出ることもよくある)
その後は膝の裏側の筋肉とふくらはぎのトリガーを調整。

3回目〜7回目
同様の施術に外反足と膝の矯正を加える。

8回目の来院時、痛みは99%消えましたとのこと。
期間は約1ヶ月。


【病院でレントゲンやMRIまで撮ったのに原因不明、なのになぜ坐骨神経痛だと医師がいうのか分かりません。病院では坐骨神経痛の原因はほとんど椎間板か腰椎の問題となります。カイロプラクティックでは脚の痺れの原因は椎間板や腰椎以外にもたくさんあると考えます。仙腸関節(骨盤の関節)股関節、膝、胸椎(背骨)、そして筋筋膜、全身をみればおのずと答えが出るのがカイロプラクティックのおもしろいところです】




☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL072-453-5174


幸道整体カイロプラクティック総合サイト 幸道整体・腰痛サイト 
幸道整体・肩こりサイト
 幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 19:20| Comment(0) | 坐骨神経痛

2009年06月16日

太ももの裏が痺れるがゴルフはやめたくない。

・年齢:70歳
・性別:男性・会社員
・施術回数:4回
・施術期間:4週間

・腰痛は昔からあったがこの半年間、腰は痛くなくなったが両方の太ももの裏側が痺れる。とくにゴルフをするとひどくなり、最後までプレイするのがやっと、でもゴルフは止めたくない。

1回目
痛みが治まるまで運動はやめて下さいといっても「はい」と返事はいいがほとんどの方がやめない。
この方は年齢を考えれば、しばらくゴルフを休まないと、長引くと告げたが「それは出来ない」
長引く事を承知の上で施術。

大殿筋と梨状筋(下図)のトリガー(筋肉の中の固くなった部分)を強く押すと太ももの裏側に痛みが走る。これを押圧とストレッチで緩める。

2回目(前回より1週間後)
かなり楽になったが2日連続でゴルフに行ったら完全に戻った。
前回同様、大殿筋と梨状筋を緩め仙骨を矯正。

3回目(前回より1週間後)
またもや週2回ゴルフに行ったが今回は痛くなかった。
上向に寝てもらい足を持ち上げ痛みが出るか検査する。「痛みも痺れも強くはならないが、突っ張る」とのことなので、こんな時は頚椎(首の骨)の問題。
首の骨を矯正して再び脚を上げるとかなり上まで上がるようになった。そして大殿筋と梨状筋を緩め仙骨を矯正。

4回目(前回より1週間後)
ゴルフしても大丈夫、いくら歩いても痛くないので「歩くのが楽しい」とのこと。
この日も前回同様、頚椎、骨盤とおしり、太ももに筋肉を緩める。

【痛みの原因になっている動作や運動をやめれば楽になるのは早いのですが、ほとんどの方が運動しながらなおしたいといいます。その気持ちは自分も運動を毎日しているので、よくわかります。
だからと言って全てのケースでそれが可能なわけではありませんが、強烈な痛みや痺れが出ていない限り、日常のペースを崩さずに症状をとっていきたいと考えます。】

参考図・A:大臀筋 B:梨状筋 C:中殿筋
m12.jpg



☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL:072-453-5174


幸道整体カイロプラクティック総合サイト 幸道整体・腰痛サイト 
幸道整体・肩こりサイト
 幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 20:13| Comment(0) | 坐骨神経痛

2008年10月23日

足の先が上がらない。

過去の症例。56歳 女性・専業主婦

横座りの体勢で家の中の荷物の整理をしていた。
その日は何ともなかったが次の日に膝の外側から足首まで痺れて足先を上げる事ができなくなった。

●1回目
この方は元々、股関節に問題があり定期的に通院されている方で、股関節を痛めた為かと思いましたが痛みのでかたや神経のテストをすると、どうも腰椎の4番目と骨盤の仙腸関節を痛めている様子。

腰椎4番と仙腸関節を調整後、筋力のテストを行うとやや脚に力が入るようになった。

●2回目(初回より2日目)
痺れはそのままだが、足の先は少し上げる事が出来るようになった。

仙腸関節と背中の歪みをこの日は調整。
その後、動きの悪い股関節に可動をつける。

●3回目(前回より1週間後)
足の先を上げる事が出来るようになり、足の痺れも全くなくなった。

この日は検査の結果、腰椎と骨盤に少々可動制限があるので調整。
施術後、筋力のテスト、可動域の検査でも正常。

【この方の場合、先天性股関節脱臼があり足の動きに元々制限があるにもかかわらず、横座りをしたため腰椎から骨盤に大きな負担がかかり痺れがでたようです。普段から腰も脚もなんともない方でも横座りは腰や股関節、膝などを痛める原因になる事が多いので、やめましょうね。】


〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
TEL:072-453-5174

☆ホームページ
◆幸道整体カイロプラクティック 
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
◆腰痛整体院・幸道整体 
http://koudou.client.jp/
◆カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2008年05月23日

腰が痛いとき、お腹まで痛くなる。

分離症で腰もお腹も痛い。

過去の症例。48歳 女性・会社員 

当院に来られる半年前から左の臀部から腰が痛みお腹も痛くなるので病院へ行った。検査の結果、腰椎5番の分離すべり症と診断された。
病院での治療は「安静にするように」と言われただけ。最近では太ももの外側も痺れる。

●1回目
ダッチマンロールという円筒形のクッションをお腹の下に入れ分離部分の負担を軽くしながら臀部の筋肉の緊張をとる。
そのあと、仙骨を調整する事で分離を起こしている腰椎全体のバランスをとった。

●2回目(前回より4日後)
腰と臀部の痛みは取れたが太ももの外側の痛み残っている。
骨盤中心部(仙骨)の調整と胸椎の調整を行う。

●3回(前回より1週間後)
脚の痛みも取れたがお腹が時々突っ張るように痛む。
仙骨の調整と大腰筋を腹部よりゆっくり緩める。


●4回目(前回より1週間後)
痛みは取れた。お腹の痛みもなくなった。
この日は骨盤と胸椎、頚椎の調整を行った。
腰の痛みが消えたら今度は肩こりが・・・・よくあるパターン

現在は月1回ペースで再発を防止。


※腰椎分離症は症状が出ない場合もありますがすべり症までになったときは強い痛みがでます。このとき腰を支えている大腰筋の緊張が強くなるため脇腹やお腹が痛くなることも多いようで敏感な方は下痢まで起こす事もあるようです。

クリックで図拡大↓
bunrisuberi.gif







〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
TEL:072-453-5174

☆ホームページ
◆幸道整体カイロプラクティック 
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
◆腰痛整体院・幸道整体 
http://koudou.client.jp/
◆カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
posted by koudou at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2008年05月09日

脊柱管狭窄症と診断され足が痺れる

脊柱管狭窄症と診断され足が痺れる。

過去の症例。52歳 女性・主婦

体操をしていて体を捻ったのがキッカケで病院で検査してもらうと脊柱管狭窄症と言われた。牽引やマッサージを続けているが楽にならない。

●1回目
少し休むとまた歩けるようになるというこの症状の特徴である「間欠跛行(かんけつはこう」があり休むと楽なので、そのうち治ると思っていたが治らないので試しにカイロをと言うことで1回目。

SOTブロックという楔形の器具を使いSOTO・techniqueと言って筋肉の特性を利用して筋の緊張を取る方法で梨状筋の張りを取り除くと臀部から太もものへの痺れはその日に楽になった。
(SOTOは実際に受けると何をされているか解らないほどソフトな方法)

●2回目(前回より3日後)
歩ける距離が伸びた。
大殿筋を中心に筋肉を緩め最後に骨盤中心部(仙骨)の調整と胸椎の調整を行う。

●3〜9回(週1回ペース)
同様の施術を繰り返すと8回目あたりから足の痺れが無くなり9回目では腰がだるいのが気になる程度まで快復。

●現在、月1回ペースでいい状態をキープ。

rizyoukin.denkin.jpg
A:大臀筋
B:梨状筋
C:中殿筋


※脊柱管狭窄症のような構造的な問題がある場合、カイロプラクティックはあまり良い結果を出せない事にはなっていますがヘルニアなども同様に痛みの原因が1つではない事が殆どなので筋肉の調整や直接の患部である部分だけではなく全体の調整で楽になる事が多いようです。






〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
TEL:072-453-5174

☆ホームページ
◆幸道整体カイロプラクティック 
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
◆腰痛整体院・幸道整体 
http://koudou.client.jp/
◆カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
posted by koudou at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2007年12月01日

お尻(臀部)が痛い。

過去の症例。29歳男性・会社員

椎間板ヘルニアのレーザー手術を2回行い一ヶ月程入院。
退院後も臀部の痛みが取れず腰も痛い。

●主要症状
手術前の脚全体の強い痛みは無いが臀部だけはかなりの痛みが出る。特に腹筋運動で起き上がるときに強い痛みが出る。



●1回目
うつ伏せで腹部にクッションを入れ腰椎5番と仙骨(骨盤)部分の間隔を微力で調整後、胸椎と後頭骨(頭蓋骨の後の部分)の歪みを矯正。


●2回目・前回より一週間後。 臀部に軽い痛みが残るが腹筋運動での痛みは無くなった。

神経の圧迫による痛みが出ない事をテストで確認後、腰椎5番を矯正。背中にかなりの捩れが残ったままなので胸椎を矯正。
その後、腰椎5番の矯正を中心に週二回のペースで一ヶ月施術を継続。


●しばらく、絶好調だったが仕事が忙しくなり臀部の痛みが再発。

この時は腰椎は全く触らず、胸椎と後頭骨(頭蓋骨の後の部分)を矯正。次の日から痛みは消えたと連絡をもらう。
以降2ヶ月間、2週間に1回のペースで仙骨(骨盤)を中心に矯正。

初回施術より半年経過。その痛みや痺れは無く現在も激しいウエイト・トレーニングをまったく痛みはない。


おしりの痛みは比較的早く取れましたが、2回も手術した腰なので慎重に月1〜2回程度で半年ほど通院してもらいました。

もともと相当、筋トレをやりこんでいる方なので、良い結果が早くでたようです。



〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓

590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
◆TEL:072-453-5174
◆ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
◆ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
posted by koudou at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2007年11月30日

臀部・太もも・ふくらはぎが痛い。

過去の症例。30歳 女性


来院当時、妊娠5ヶ月。3ヶ月頃より臀部から太もも、膝裏、ふくらはぎが痛み出した。


●1回目
うつ伏せには、なれないので横向きのままで臀部の筋肉の調整。その後、胸椎を矯正。


●2回目・前回より3日後。 痛みに変化ナシ。
横向きで寝てもらい腰椎に軽く振動を与えて腰の骨の間隔を少しずつ開くように調整。胸椎矯正。
腰と膝にテーピング


●3回目・前回から6日後。前回から3日間は楽だったが、その後元に戻って痛む。
神経の圧迫があるかどうか整形外科学テストをすると反応はないので腰椎を矯正。腰にテーピング


●4回目・前回から一週間後。痛みは取れた。
調整のためその後、月一回で半年通院。その間再発ナシ。

この方は当時、妊娠していたので低周波治療器やうつ伏せの調整が出来なかったので時間はかかりましたが、約一ヶ月で痛みが消えました。出産後も良好との事。


〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓

590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
◆TEL:072-453-5174
◆ホームページ:幸道整体カイロプラクティック
◆ホームページ:腰痛整体院・幸道整体
posted by koudou at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2007年11月29日

太ももからふくらはぎが痺れる

過去の症例。21歳 女性 左足のしびれ。

痺れが出たきっかけ。

足の爪の手入れをするのに長い時間、前屈みになっていた。
爪の手入れが終わり腰を伸ばした途端、左側のお尻から太ももの裏側〜ふくらはぎまで痺れだした。

●1回目
検査の結果、腰椎(腰の骨)と椎間板の問題があるのは分かったので、腰椎は動かさず左側の骨盤だけを矯正。

●2回目 前回より一週間後 痛みに変化ナシ
前回同様骨盤を矯正

●3回目 前回より一週間後 少しましになった。
この時点から骨盤の矯正はやらずSOTブロック(楔型の器具)を使い患者さんの体重を利用してソフトな調整を行う。

●その後、同様の施術で週に1回を2ヶ月継続

●初回より3ヶ月目 痛みは殆どでなくなった
この日は腰椎と胸椎を矯正。

●前回より一週間後  どんな姿勢をとっても痛みは出なくなる。
腰椎と胸椎。頚椎を矯正

●前回より二週間後  運動をしても痺れや痛みは出ない。
腰椎のみ矯正

●前回より一ヵ月後  良好。

この方は週一回のいペースで痛みがかなりマシになるのに2ヶ月チョット。完全に痛みがなくなるのに3ヶ月かかりました。時間がかかった例です。



〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
◆TEL:072-453-5174
◆ホームページ幸道整体カイロプラクティック
◆ホームページ腰痛整体院・幸道整体
posted by koudou at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛

2007年11月28日

姿勢を変えた途端、脚にシビレ。

過去の症例。36歳 女性


デスクワーク中、姿勢を変えた途端右脚が痺れ夕方にはシビレが強い痛みになりだした。

●1回目
初めての来院時はご家族の方に支えてもらっての来院。
腰と右足の裏、脚の前の付け根の痛みがある。

これは・・・相当、てこずるかも・・・と思いながらも骨盤中央の捩れを矯正すると比較的、楽にスパッと関節が動いた。

肌がかなり過敏になっておりテーピングが出来ないので腰にサラシを巻く。


●2回目・次の日。 痛みはすいぶん楽になった。
この日は腰の矯正はせずに筋肉全体を緩め。胸椎(背中の骨)だけを矯正。

その後1日おきに3回。筋肉の調整と胸椎と頚椎の矯正を繰り返す。この間、直接的な腰の矯正はナシ。

●初回より10日後。昨日より痛みがまったく無くなったので久々に出勤したが大丈夫だった。

骨盤、胸椎を矯正。腰痛管理の体操を指導させて頂きその後は予防を兼ねて月一回のペースに。


現在、初診より1年経過。月に1回の来院と腰痛管理体操をシッカリして頂いているのでその後の再発なし。


この方は多分、腰痛管理体操を止めると再発するタイプです。

施術だけに頼るのではなく自分自身も治そうとする気持ちも大切です。




〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
◆TEL:072-453-5174
幸道整体カイロプラクティック
腰痛整体院・幸道整体ホームページ

posted by koudou at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛