2011年05月20日

1年間の腕の痺れと肩の痛み。

30代・女性
施術回数8回
施術期間4週間

左肩全体の痛みとワキから腕の内側の痺れがあり1年間、病院に通院しているが治らない。

1回目。
一年間も痛みや痺れが取れていないので結構回数が必要かと思いましたがそうでもありませんでした。
骨盤と腰椎の矯正をした時点で腕の動きが随分良くなりました。
これは骨の部分を調整することで広背筋が緩むから。
次に背骨(胸椎)を矯正、寝たままの体勢だと肩が痛むので座った姿勢で背骨を矯正。

そして最後に肩甲下筋を緩めた。
これが一番の原因のような気がした。

肩甲下筋は肩甲骨の内側に付着している筋肉で肩の内旋筋であり肩関節の固定筋。
この筋肉が短縮すると腕を頭上に完全に上げれなくなる。
またこの筋肉に問題があると肩甲骨の上、腋窩背面、上腕の沿って手首まで痛みや痺れが出ます。

2回目〜7回目
時々ズキンと痛むが腕も動かしやすくなったし全体に楽。
検査をすると腕を上げ最後で引っかかり痛みがでる。

前回同様の施術を繰り返すと徐々に痛みは消えていった。

8回目
前回と同じ内容で施術、肩甲下筋の圧痛もほとんどない。
でも腕を上げると最後で引っかかる。

第一肋骨を軽く矯正すると引っかかりは完全に消えた。

この第一肋骨の歪みは当初は肩の筋肉が張りすぎていて、あまり目立たなかったが全体に筋肉がいい状態になってやっと分かった。


1年間の痛みが約一ヶ月でとれました。
誰にでも同じ結果が出るとは限りませんが長期の痛みでも初回の反応が良ければ意外と早く楽になります。







posted by koudou at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2011年04月20日

胸郭出口症候群で腕が痺れる。

30代・男性
施術回数4回
施術期間2週間

胸郭出口症候群で腕が痺れる。
3年以上腕の痺れがとれない、整形外科では手術しか方法は無いと言われた。



まず初めに、胸郭出口とは(下図)
外側では第1肋骨、内側では脊柱、前方では鎖骨柄複合体ををそれぞれ境界とする開口部(印の部分)
この部分で腕神経叢と周囲の血管(鎖骨下動脈、鎖骨下静脈)が骨(頚肋、鎖骨、第1肋骨など)や筋肉(前斜角筋、中斜角筋など)によって、圧迫および牽引されて起こる様々な症状がでます。
頭痛、肩こり、腕のシビレ、背中の痛み冷感など。

kyoukaku-b.gif


1回目

どんなときに腕が痺れるのか調べると腕を外転して、更に外旋すると痺れがきつくなる。
ちょうどボールを投げるような体勢。これは胸郭出口症候群かどうか調べる簡単なテスト。
首を傾けても少し痺れる。

全体のバランスを良くするために骨盤を矯正。
そのあと、座って背筋を伸ばす姿勢をとると背骨(胸椎)が大きく歪む。猫背ぎみのときに歪みはない。
これは背筋を普段伸ばすことが出来ない証拠。

背骨を矯正して再度、背筋を伸ばすとかなり反れるようになった。
ここでもう一度、腕を外転して、更に外旋する。
痺れは半減した。

そして最後にメインの第一肋骨と頚椎(首の骨)を矯正。

2回目(前回より3日後)

ましになってきたとのこと。

今回は第一肋骨と頚椎7番と後頭骨を矯正。
施術後はどんな体勢をとっても痺れはまったく無くなった。

3回目(前回より4日後)

痺れはほとんど気にならないとのこと。

骨盤を調べるとやや戻った感じなので骨盤を矯正。
前回同様、第一肋骨、頚椎、後頭骨を矯正後、鎖骨を矯正。
そのあと腕を動かしたり首を動かしたりして検査。腕を頭上まで上げると少し痺れる。

肩の動きが悪いので肩の関節を矯正。


4回目

快調ですとのこと。

この日は全身を調整で終了。
以降は任意で。


腕が痺れたりした場合は感染症、腫瘍、神経自体の病気なども考えれられるのでまずは病院で検査して下さい。
胸郭出口症候群は比較的カイロプラクティックが有効のようです。

後頭骨(頭蓋骨の後部分)や第一肋骨の矯正と聞くと怖い気がしますが矯正(アジャスト)自体はかえって気持ちがいいくらいです。



posted by koudou at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2011年01月14日

頚椎ヘルニアで腕と脚が痺れる。

・年齢:39歳
・性別:女性
・施術回数:4回
・施術期間:1ヶ月

当院に来院される2年前から左腕と左脚のシビレがあり病院では頚椎のヘルニアが原因で腕も脚も痺れていると診断された。
病院に1年間通院したが治らず、その後、地元のカイロプラクティックに週1回、半年間通ったが変化なし。


1回目
筋肉の硬縮している箇所が肩や腕、臀部などかなり広範囲にあったのでそれを緩めた。
胃経、三焦経のツボを中心におこなった。
そのあと骨盤中央のの仙骨をアジャスト。

2回目
腕のシビレが少し残るが腰痛はなくなった。
左肩のコリと左足首の痛みが以前より気になるようになった。
また全身の疲労感が強くなった。

この日は前回の筋肉を緩める施術が少し強かったようなのでストレッチ系の筋肉の操作をしてから骨盤、背骨、首の骨のアジャストを行った。

3回目
前回の施術後、腕がパンパンに腫れたが2日ほどで腫れは消え足首の痛みもましになった。

前回同様の筋肉の調整後骨盤と腰椎(腰の骨)、首と背中をアジャスト。

4回目
全体にかなり楽。
この日は筋肉の調整はおこなわずに骨盤、腰椎、背骨、首のアジャストを行った。

◎この方は現在、健康管理で時々来院される程度で快調に過ごされています。
施術の反応は個人差が大きく、またその日の体調や精神状態によっても痛みや疲労感がきつくなる事もありますが1〜2日で楽になる事がほとんどです。




☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト ツイッター
posted by koudou at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2009年01月30日

寝違いから腕のシビレが。

30歳代女性。

普段から寝違いはよく起こし肩こりもヒドイ。仕事中、頬杖をついてパソコンのキーを叩いていると段々と腕がシビレだした。

すぐに治るだろうと思っていたが翌朝からシビレは悪化。鍼灸院、整骨院、病院などに通ったが治らずご紹介で当院へ。


1回目:首の回旋の検査で右を向きそのまま傾けると腕に強い痺れが出るが背筋を伸ばし再び同様の検査すると痺れはましになる。
これは首だけが悪いのではなく姿勢そのものに原因がある証拠。
姿勢を正すために骨盤の中心にある仙骨を矯正し胸椎(背骨)と頚椎(首の骨)の7番(一番下)を矯正。
矯正後背筋を伸ばすと先程よりぐっと体が反れる様になり首を傾けても痺れはなくなった。

2回目:(前回より5日後)
2〜3日は楽だったが戻った感じ。
再度、仙骨と胸椎を矯正後、頚椎の下部が前方(顔側)に大きくズレているので指先で呼吸に合わせ調整する方法を使う。

3回目:(前回より2日後)
今回は凄く楽だったが1日だけだった。
前回同様の方法で施術

4回目:(前回より1週間後)
今回はかなり楽で痺れが少しあるだけ。
寝ているときは楽だが座っていると痛むとの事なので座ったままで検査。そして座った姿勢で仙骨、胸椎を矯正。
最後に後頭骨(頭蓋骨の下の部分)を矯正。

5回目:(前回より1週間後)
痛みは消えた、何をしてもどんな姿勢をしても腕の痺れは出ない。
仕上げで筋力テスト後、仙骨、頚椎を矯正。


施術より1年経過するが再発なし。


【腕や脚に痺れのあるときは、施術間隔は詰めないと結果は出にくいものです。また脚が痺れるなら坐骨神経だから腰。腕が痺れるから首が悪いとそこだけ診るのがお医者さん、カイロプラクティックでは二次的、三次的な原因も調べ全体を調整していくのが決定的な違い】

参考図
ss1.gif


☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL:072-453-5174


幸道整体カイロプラクティック 腰痛整体院・幸道整体 
カイロプラクティックについて
 幸道整体携帯サイト
posted by koudou at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2008年12月14日

頸肩腕症候群は治らないの?

30歳代男性。

肩から腕にかけてのシビレが半年間取れない。病院では頚肩腕症候群と言われた。
お医者さんには「これは原因はハッキリとしておらす、基本的には安静が一番で、出来るだけ首や肩を使わないようにして下さい」と言われたが、日常、仕事をしていたら首と肩を使わずにいろと言われてもどうしていいのか分からず、日が経過するに伴い痺れが酷くなってきた。

1回目:腰痛はないが骨盤を検査すると腰椎と骨盤のジョイントの部分の角度が浅く、そのため背骨の正常なカーブがなく猫背になっている、当然首や肩にかかる負担は大きくなるのでこれも腕のシビレの原因のひとつと考え骨盤の中心の仙骨と腰椎(腰の骨)の角度を調整。

2回目:(前回より1週間後)前回同様、施術中うつ伏せになると腕が痺れるが全体的にましになった。
骨盤の角度と胸椎の調整を行った後、後頭骨(頭蓋骨の後の部分)と頚椎(首の骨)のジョイント部を調整。

3回目:(前回より1週間後)前回の施術の後シビレはまったくないとのこと。
この日、初めて一番のネックになっている下部頚椎を調整。

現在も月に一回の定期的な施術を継続中。シビレの再発はなし。

【デスクワークなどで姿勢が悪くなる事で肩と首の部分の角度がきつくなり腕のシビレが出る方が多いようです。仕事中は一時間に一度ぐらいは立ち上がって背筋を伸ばしたり軽い体操を1〜2分行うだけでもかなり違います】

☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL:072-453-5174


幸道整体カイロプラクティック 腰痛整体院・幸道整体 カイロプラクティックについて
幸道整体携帯サイト

posted by koudou at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2008年01月30日

右手の指が痺れだし、その後右脚も痺れるので脳外科へ

過去の症例。45歳 女性・主婦

指先が痺れる。脚も痺れる脳外科でMRIで検査したが異常なし。

●1回目
脳に異常は認められないとの事なので頚椎(首の骨)や腰椎(腰の骨)神経圧迫を起こしているか検査。
首は検査すると指先に痺れが出る。
腰の骨の検査では神経圧迫を起こしている様子は無かった。

脚の痺れについては腰椎(腰の骨)ではなく骨盤の関節(仙腸関節)の歪みでよくある症状なので骨盤を調整。

頚椎は明らかに問題のある下部の頚椎を調整。

関節の調整後、臀部の筋肉と肩周辺の筋肉を緩めて終了。

●2回目(1週間後)
前回、施術のあと帰宅すると指だけの痺れが、腕全体に広がりだした、そして1時間後ウソのように腕から指先までの痺れが消失。
足の痺れも次の日には無くなったとの事。

この日は全体を再調整で、今回の痺れに関しては2回で終了。


カイロプラクティック施術後は時々、痛みや痺れが一時的に増す事がありますが、長くても1日で快方に向かいます。

施術後、不安な時は先生に電話を入れましょう。
適切なアドバイスをしてくれます。



〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
TEL:072-453-5174

☆ホームページ
◆幸道整体カイロプラクティック 
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
◆腰痛整体院・幸道整体 
http://koudou.client.jp/
◆カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/
posted by koudou at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2008年01月11日

肩が痛く腕が痺れるがウイルスのためで一生治らないだろうと言われた。

症例・腕の痺れ。


過去の症例。55歳 女性・会社員

五十肩の時のように肩を動かすと痛む。激しく痛む時は腕全体に発疹が出る。
肩の関節あたりから指先まで痛むので病院へ行くとウイルスのためで一生治らないだろうと言われた。
抗生物質を服用しているがまったく治らない。

●1回目
肩の関節が特に痛むが五十肩のような動きの制限はない。
全体を検査すると骨盤の歪みがひどく骨盤の中央部の仙骨の調整と背中(胸椎)の調整。
その後、肩から前腕指先までの筋肉を調整。

●2〜5回目(1週間間隔)
この間は頚椎(首の骨)の調整を中心に行った。頚椎の前側に指を軽く当ててゆっくりと椎骨を動かす方法で調整。
そして骨盤調整と肩から指先までの筋肉の調整を繰り返す。

●6回目(初回より約1ヶ月半)
腕の痛みや痺れ消失。
その後再発なし。現在は全体のメンテナンスで月1回の定期的な施術。

病院で治らないと言われても、諦めずに色々試してみるのもひとつの方法。
お医者さんは万能ではありません、もちろんカイロプラクティックも万能ではありませんが試す価値はあると思います。


〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
TEL:072-453-5174

☆ホームページ
◆幸道整体カイロプラクティック 
http://www.eonet.ne.jp/~koudou/
◆腰痛整体院・幸道整体 
http://koudou.client.jp/
◆カイロプラクティックについて
http://www.koudou-ch.com/

posted by koudou at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2007年12月02日

腕から肘まで痺れる。

50才男性・自営業

肩(三角筋)の部分から肘にかけて痺れる。調子の悪い時は親指まで痺れる時があると言う事で来院されました。

きっかけは思い当たらない。

1年ほど前から病院での検査で頚椎症と告げられ、湿布、牽引、マッサージを受けるが回復の兆しがなく段々と悪化している。


●1回目

カイロプラクティックの基本的な検査をしました。
座った状態で左右に首を(回す、傾ける、上を向く、下を向く)などの検査。
首をかる〜く引っ張る、上から頭を押さえて圧迫する。

どの検査でも腕にシビレが出る。


・・・・これは、手強いかも・・・・。


この日は頚椎の調整は最後にすることにして、まずは大きく傾いた骨盤中央の仙骨を矯正。


ポリっと矯正すると「お〜気持ちいいですね〜」


次に胸椎(背中の骨)をボキっと・・・「はぁ〜・・・なんか呼吸が楽になったようです」


ここでもう一度、同じように座って首をアッチコッチに動かして腕が痺れるか検査。

「あれ・・・気のせいかなぁ、あまり痺れませんね〜」

今日は頚椎の調整は必要ないと感じたので次回に。

●2回目(初回より1週間後)

かなり、痺れはマシになったとのこと。

この日は頭蓋骨と頚椎の一番上の部分の間を調整(ポキって鳴る矯正ではありません)それと、肩の関節の動きを良くして終了。

●3回目(初回より2週間後)

にこにこしながら来院され「治りました、もう大丈夫みたいです」

「大丈夫じゃないよ。頚椎の調整、まで1回もしてませんよ」

「はぁ、そうなんですか。」

って事で頚椎の調整。

座ったままで頚椎の調整を首の前からする方法があるんですが、これはナニをされているのか分からないほどソフトなカイロプラクティックのテクニック。

終わった後「頚椎の調整は?」って言われました。
そのぐらいソフト。

この日はこのソフトテクニックと全身の筋肉の緩和操作で終了。

その後3〜4週ごとに通われています。現在も良好。




〓〓〓〓〓【幸道整体カイロプラクティック】〓〓〓〓〓〓
590-0414
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 
代表 重里幸道( jyuri-koudou )
◆TEL:072-453-5174
幸道整体カイロプラクティック 
腰痛整体院・幸道整体 
posted by koudou at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ