2011年06月15日

ギックリ腰3例

●20歳台・男性

来院時、かなり腰が痛む。この数ヶ月ゴルフの練習をすると必ず次の日は立てないほど痛むを繰り返している。
病院では体を鍛えたら治ると言われたがまったく治らない。

大腰筋を腹部から緩め腰椎(腰の骨)5番を矯正後さらに大腰筋と腸骨筋を緩める。
その後ある程度、体を動かせるようになったので背骨を矯正。

矯正直後、前屈みも体を反らすことも捻ることも楽に出来るようになった。
それから1ヶ月後、調整で来院、前回施術後はゴルフに行ってもまったく痛みは出ない。


●40歳台・女性

昼過ぎに軽く一歩踏み出したとき左の脚全体に電気が走ったような痛みを覚え、それから脚を曲げることが出来ない。
病院へ行ってレントゲン他検査をしたが異常なし。今は処置できないので1週間、松葉杖を使って様子を見るように告げられ、その帰りに当院へ。いろいろな検査後、骨盤中央の仙骨が大きく捻れていることが分かった。

股関節も膝関節も曲がらないないので若干、矯正は難しかったが無事、仙骨の捻れを取った。

矯正直後は脚の痛みはそのままだったが脚は動くようになった。矯正後大腰筋を丁寧に緩めて終了。
施術を行ったのが午後4時、その日の午後9時半に痛みが突然消えたと連絡をもらった、以後快調。


●50歳台・女性

普通に歩けるが突然、腰が抜けそうになる、そうなると痛みで一歩も脚が前に出ない。
朝から、その繰り返し。

お尻付近と脚の筋肉の緊張がかなり強かったので大腰筋、腸骨筋を緩めた。
前例の女性同様この筋肉を上手く緩めることが出来れば脚や臀部(お尻)の筋肉は相当緩みます。

骨盤、腰椎の緊張が強いので首の骨を先に矯正(こうすることで全体が緩むことが多い)
それから腰の部分を矯正。

翌朝「寝る前は痛かったが朝起きたら治っていた」と連絡をもらった。

※ギックリ腰の治療の場合、大腰筋や腸骨筋は重要ポイント。
また一般に年齢が若いほど痛みが強く出るが治りが早いようです(必ずではありません)



☆大腰筋と腸骨筋

dym-01.png

☆大腰筋を腹部より緩める

dmp1.jpg









posted by koudou at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛

2011年05月20日

1年間の腕の痺れと肩の痛み。

30代・女性
施術回数8回
施術期間4週間

左肩全体の痛みとワキから腕の内側の痺れがあり1年間、病院に通院しているが治らない。

1回目。
一年間も痛みや痺れが取れていないので結構回数が必要かと思いましたがそうでもありませんでした。
骨盤と腰椎の矯正をした時点で腕の動きが随分良くなりました。
これは骨の部分を調整することで広背筋が緩むから。
次に背骨(胸椎)を矯正、寝たままの体勢だと肩が痛むので座った姿勢で背骨を矯正。

そして最後に肩甲下筋を緩めた。
これが一番の原因のような気がした。

肩甲下筋は肩甲骨の内側に付着している筋肉で肩の内旋筋であり肩関節の固定筋。
この筋肉が短縮すると腕を頭上に完全に上げれなくなる。
またこの筋肉に問題があると肩甲骨の上、腋窩背面、上腕の沿って手首まで痛みや痺れが出ます。

2回目〜7回目
時々ズキンと痛むが腕も動かしやすくなったし全体に楽。
検査をすると腕を上げ最後で引っかかり痛みがでる。

前回同様の施術を繰り返すと徐々に痛みは消えていった。

8回目
前回と同じ内容で施術、肩甲下筋の圧痛もほとんどない。
でも腕を上げると最後で引っかかる。

第一肋骨を軽く矯正すると引っかかりは完全に消えた。

この第一肋骨の歪みは当初は肩の筋肉が張りすぎていて、あまり目立たなかったが全体に筋肉がいい状態になってやっと分かった。


1年間の痛みが約一ヶ月でとれました。
誰にでも同じ結果が出るとは限りませんが長期の痛みでも初回の反応が良ければ意外と早く楽になります。







posted by koudou at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2011年04月20日

胸郭出口症候群で腕が痺れる。

30代・男性
施術回数4回
施術期間2週間

胸郭出口症候群で腕が痺れる。
3年以上腕の痺れがとれない、整形外科では手術しか方法は無いと言われた。



まず初めに、胸郭出口とは(下図)
外側では第1肋骨、内側では脊柱、前方では鎖骨柄複合体ををそれぞれ境界とする開口部(印の部分)
この部分で腕神経叢と周囲の血管(鎖骨下動脈、鎖骨下静脈)が骨(頚肋、鎖骨、第1肋骨など)や筋肉(前斜角筋、中斜角筋など)によって、圧迫および牽引されて起こる様々な症状がでます。
頭痛、肩こり、腕のシビレ、背中の痛み冷感など。

kyoukaku-b.gif


1回目

どんなときに腕が痺れるのか調べると腕を外転して、更に外旋すると痺れがきつくなる。
ちょうどボールを投げるような体勢。これは胸郭出口症候群かどうか調べる簡単なテスト。
首を傾けても少し痺れる。

全体のバランスを良くするために骨盤を矯正。
そのあと、座って背筋を伸ばす姿勢をとると背骨(胸椎)が大きく歪む。猫背ぎみのときに歪みはない。
これは背筋を普段伸ばすことが出来ない証拠。

背骨を矯正して再度、背筋を伸ばすとかなり反れるようになった。
ここでもう一度、腕を外転して、更に外旋する。
痺れは半減した。

そして最後にメインの第一肋骨と頚椎(首の骨)を矯正。

2回目(前回より3日後)

ましになってきたとのこと。

今回は第一肋骨と頚椎7番と後頭骨を矯正。
施術後はどんな体勢をとっても痺れはまったく無くなった。

3回目(前回より4日後)

痺れはほとんど気にならないとのこと。

骨盤を調べるとやや戻った感じなので骨盤を矯正。
前回同様、第一肋骨、頚椎、後頭骨を矯正後、鎖骨を矯正。
そのあと腕を動かしたり首を動かしたりして検査。腕を頭上まで上げると少し痺れる。

肩の動きが悪いので肩の関節を矯正。


4回目

快調ですとのこと。

この日は全身を調整で終了。
以降は任意で。


腕が痺れたりした場合は感染症、腫瘍、神経自体の病気なども考えれられるのでまずは病院で検査して下さい。
胸郭出口症候群は比較的カイロプラクティックが有効のようです。

後頭骨(頭蓋骨の後部分)や第一肋骨の矯正と聞くと怖い気がしますが矯正(アジャスト)自体はかえって気持ちがいいくらいです。



posted by koudou at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 腕の痺れ

2011年03月10日

ギックリ腰で歩けない。

・年齢:40歳台
・性別:女性
・施術回数:2回
・施術期間:2日

初回の日はおんぶされてご来院。待合でソファに降ろされるが座っているのもやっと。
聞けば腰が痛いので2日間ずっと寝ていたとのこと。
問診表を書いている間に「あれ、なんか楽なような気がする」とのことなので「何とか自力で施術室に入ってみて」と告げるとゆっくりと歩いて入れた。

1回目
座って体をゆっくりと動かしたり脚を少し動かすと少しづつ痛みが少なくなる。
横向きに寝てもらって臀部の筋肉と腰の奥の筋肉(大腰筋)を腹部から緩める。
それで上向きに寝れるようになった。

今度は上向きで脚の太ももも内側にある内転筋を触るとかなりの痛みと緊張がある(腰を痛めるとこの筋肉が張ります)
この内転筋の痛みを取るのに腸骨筋(骨盤の内側の筋肉)にある操作をすると数秒で太もも内側の痛みは消えた。

これで腰はかなり楽になった。

再度、横向きで仙骨を側臥位でアジャスト(矯正)
この日はこれで終了。

治療直後、痛みはまだあるものの結構普通に自分で歩けるようになった


2回目
初回より二日後、かなり楽、痛みが少しある程度。
この日は前回同様、仙骨をアジャスト。
それと胸椎(背骨)と頚椎(首)をアジャスト。

3回目
前回より10日目
今回は肩こりを含む全身の調整。
腰の痛みは2回の治療で無くなった。

側臥位による仙骨のアジャスト。
ギックリ腰の場合アジャスト直後はしばらく仙骨に圧力を加えたままにします。

spadj.JPG



◎待合で座っている間に少し楽になったのは「安心感」のためもありますが2日間安静にしていたのも原因。
腰痛の場合、よほどの事のがない限り動いた方が楽になるのが早いものです。

全ての人に同じ結果がでる訳ではありませんが、ある程度自力で動けるギックリ腰なら数回で楽になります。



posted by koudou at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛

2011年01月17日

スベリ症で5分も歩けない。


・年齢:72歳
・性別:女性
・施術回数:9回
・施術期間:3ヶ月

お尻と太もも、ふくらはぎがシビレる。5分ほど歩くと一度しゃがんで休憩しないと再び歩くことが出来ない。
病院では腰の骨の4番と5番のスベリ症と診断され点滴と薬をもらっているが治らない。

1回目
SOTブロックを使用。
うつ伏せでこの楔形のブロックの上に骨盤部分をあてて15分程寝ます。
体重で調整する方法です。
sotblock.jpg

2回目
少し楽になったが、まだ5分ぐらいしか歩けない。
この日もSOTブロックを使用した後、座った姿勢で背中をアジャスト(矯正)。
年配の方には座った姿勢からの背中の矯正が安全。
brsaj.jpg

3〜5回目
同様の施術を行う

6回目
10〜15分歩けるようになった。
この日は大腰筋(腹筋の下側にある筋肉)と腸骨筋(骨盤の内側の筋肉)を充分に緩めてから仙骨をアジャスト。

7回目
30分歩けるようになった。
この日も前回同様の施術。

8回目
もう1時間以上歩いても平気になった。
前回同様の施術。

9回目以降。
痛みもシビレもまったく無いし、いくら歩いても何時間バスに乗っても大丈夫になった。
現在月1回の施術を継続中。


◎カイロプラクティックは年齢に関係なく出来る安全な療法です。
また、アジャスト(矯正)が中心ですが他にも筋肉だけの調整や体重を使ってソフトに行う方法などたくさんありあます。



☆☆☆☆☆幸道整体カイロプラクティック☆☆☆☆☆
大阪府泉南郡熊取町五門東3-33-36 ☆TEL072-453-5174


幸道整体総合サイト 腰痛サイト
肩こり解消サイト 幸道整体携帯サイト ツイッター
posted by koudou at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 坐骨神経痛